「初めまして!シャインの中西です」中西哲生さんが語るサントリーの魅力【独占インタビュー】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「初めまして!シャインの中西です」中西哲生さんが語るサントリーの魅力【独占インタビュー】

“シャイン”の皆さま、おつかれさまです。「マル・デ・シャイン」インタビュー班です。

サントリーのさまざまな企業活動を体験いただきながら、皆さまとサントリー社員が「まるで社員」同士のような気持ちでつながり、サントリーや社会のこれからを一緒に考えるプログラム「マル・デ・シャイン」。

今回はなんと、スポーツジャーナリストとして活躍する中西哲生さんがご登場! 実は中西さん、マル・デ・シャインの“シャイン(メンバー)”で、「サントリー愛ならマル・デ・シャインの方々と同じくらいあります!」と話されるほどのされるほどの熱~いハートをお持ちなんです。

ここでは、中西さんの思うサントリーの魅力、マル・デ・シャインへの期待や意気込みについて語っていただきました。

スポーツ選手だからこその、水へのこだわり

ご存知の方も多いとは思いますが、まずは簡単に中西哲生さんのプロフィールから。
元プロサッカー選手でもある中西さん、現役時代は名古屋グランパスエイトや川崎フロンターレでプレーされていました。引退後はスポーツジャーナリストとして、数々のメディアで活躍。サッカーを中心に、スポーツの普及に各方面で尽力されています。

ーーーそんな中西さんがサントリーのファンになられたきっかけは、どのようなものだったのでしょうか?

「サッカーをやっていたこともあって、もともと、口にするものに対する意識を高くせざるを得ませんでした。学生の頃は栄養学を学んでいましたし、プロ選手になってからも、何を食べるべきか、飲むべきかというレクチャーをたくさん受けてきました。そういう環境のなかで個人的に、飲み物はサントリーのものを選ぶことが多くて。その理由はやはり、水へのこだわりです。人間の体内の約7割は水分ですから、その質は極めて重要です。飲料に天然水を使用しているというサントリーのこだわりが、僕のなかで大きく響きました。

画像4

ーーー近頃では、サントリーと一緒にさまざまなイベントに取り組んでいただいていますよね。それも、中西さんのそんな“サントリー愛”があって実現したのでしょうか?

「もちろん、それもあると思います(笑)。一方で、スポーツに対する取り組みに共感した部分もあります。サントリーのサッカー教室でコーチをさせていただいているんですが、そこが、サッカー、ラグビー、バレーボールの3つのスポーツを同時に練習する教室なんです。僕自身、子どもの頃に野球をプレーしていて、その経験がサッカーに活きたことが多かったので、さまざまなスポーツを体験することの大切さをすごく実感しています。その辺りの共通認識もあって、ご縁を築き上げてこられたのだと思います。」

サントリーの魅力は……社員が○○なところ!?

ーーーあらためて、お聞きします。ズバリ中西さんにとって、サントリーの魅力とは?

「いっぱいあるんですが…。ひとつは、消費者の方々にいいものを届けたいっていう確固たる信念があること。同時にそれをするために、自然に配慮しているところです。天然水も無限にあるものではないので、環境を守りながら安定的に供給できるシステムを企業として確立されたのは素晴らしいと思います。今では、企業のSDGsへの取り組みは当たり前になっていますが、サントリーはそれを20年前からやっているわけですからね。しかも粛々と。」

ーーー粛々と(笑)。おっしゃる通り、サントリーが「水と生きる」という環境メッセージのもと、水源地を守る活動を発表したのは2003年のことでした。

「この『粛々と』っていうのは僕のなかではポイントですね。サントリーって、これだけスゴイことをやっているのに、決して押しつけがましくないんですよ。例えば僕、『ザ・プレミアム・モルツ』が大好きなんですね。だから、行った先のお店の料理がおいしくて、そこにプレモルがないと、どうしてもお店の人に『プレモルを置いてください』ってお願いしたくなっちゃうんです(笑)。でもコロナ禍になる前、たまに社員さんとご飯をご一緒させていただくことがあったんですが、皆さん決して自分からそういうことを言わないんですよ。

ーーー自分からグイグイ営業をしないということですか(笑)。

「そうなんです! 僕が今まで出会った社員の皆さんは、すごくサントリーの商品に誇りを持っていらっしゃって。同時にある種の謙虚さもあるんですよね。うまく伝わるかわかりませんが、とにかく社員の方々のそういう雰囲気も、すごく好きなんです(笑)

伝道師として約10年! 深すぎるプレモル愛

ーーーザ・プレミアム・モルツといえば、中西さんには以前、川崎フロンターレ後援会会員限定のイベントとして、プレモルのオンラインセミナーを開催していただいたほど、ザ・プレミアム・モルツのファンとお伺いしています。サントリーでお気に入りの商品は、やはりプレモルですか?

「基本的に全部好きなんですが…(笑)。一杯目に飲むのは『ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール』で、その後は『ザ・プレミアム・モルツ』を飲むことが多いです。僕、地元が名古屋なんですが、昔サントリーの東海支社で『東海プレモルパートナーズ』っていう活動をやってたんですよ。プレモル好き同士で一緒に飲んだり、プレモルが置いてあるお店に行ったりして、ザ・プレミアム・モルツの魅力を広めようっていう活動なんですけど。そこで『名誉プレモリスト』として、10年くらい活動に励んできました(笑)」

画像4

ーーー10年! 予想以上に深いプレモル愛で驚きました(笑)。先ほどのお話にあったように、飲食店の方にお勧めしてくださったことも?

「自分の好きなお店でおいしい料理を食べるときは、やっぱりプレモルがあってほしいじゃないですか。だから何年も通って常連になって、プレモルを置いてもらうようお願いしたり。今まで、数十件の飲食店さんに置いてもらったんじゃないかなぁ。」

ーーーすごすぎる…! 社員に代わり営業活動、ありがとうございます(笑)。中西さんにとって、それほどのザ・プレミアム・モルツの魅力とは何でしょう?

どんな料理にも合うところじゃないでしょうか。揚げ物にはもちろん、おひたしといった和食にも合うのが魅力です。あとはやっぱり、ベースが天然水というのがポイント。基本的に軟水が好きなので、サントリーの飲料が、自分の体に合っている感じはあります。だから『サントリー天然水 スパークリング』もすごく好きで、毎月箱買いしていますよ。」

ーーー水へのこだわりが深い中西さんならではのご回答、ありがとうございます。ちなみに、中西さん流ザ・プレミアム・モルツのおいしい飲み方があれば、ぜひ教えていただきたいです。

「すぐに実践できる手軽な方法としては、泡を残しつつ飲むことですね。ビールの泡って、黄色い液体の部分の酸化を防ぐ役割があるんです。酸化すると味も劣化するので、泡を上手に残しつつ飲むと、本来のおいしさを保てます。あとは個人的に、ステンレス製のタンブラーで飲むのがおすすめです。冷たさをキープできますし、心なしか泡がきめ細かくなるような気がします。」

サントリーの魅力を、一緒に楽しく学んでいきたい

ーーーありがたいことに、“シャイン”でもある中西さん。“ニュウシャ(マル・デ・シャインに入会)”されたきっかけは、どのようなことだったんですか?

「『面白そうなことやってるな』という感じで、以前から定期的に記事をチェックしていたんです。で、僕がこれまでやってきたことを思い返すと、『名誉プレモリスト』としての活動も含め、自分も似たようなことをやってきたじゃないか、と(笑)。サントリー愛の強さには自信があったので、ぜひ一緒にやりたいなと思ったことがきっかけでした。自分では結構“サントリーマニア”だと思っていても、まだまだ知らないことがたくさんあって。例えば、『サントリー天然水』は、地域によって、南アルプス、北アルプス、阿蘇、奥大山と水源地が4種類あることも、消費者の方々には意外と知られていませんよね。かく言う僕も、北アルプスがあったことを、今日初めて知りました(笑)。サントリーのそうした知識を、皆さんと一緒に楽しく深めていきたいです。

ーーー「マル・デ・シャイン」で今後やっていきたいことがあれば、ぜひ教えてください!

「今はコロナ禍で皆さんと一緒に行動するのが難しいかもしれないので、まずは僕が体験して、それを皆さんと共有して、コロナが落ち着いたころに一緒に体験できたらいいなと思っています。ちなみに僕、『サントリー天然水 スパークリング』でお米を炊いたことがあるんです。たまたまミネラルウォーターを切らしていたので試しにやってみたんですが、これが意外とおいしくて(笑)。そういう小ネタも共有できたら楽しそうですよね。」

画像4

ーーーそういう斬新なアイデアを、気軽に楽しく実践できるのも、「マル・デ・シャイン」の強みだと自負しております(笑)。最後に、この記事をご覧になっているシャインの皆さまにメッセージをお願いします。

サントリーは、日本の価値を高めてくれる企業だと思うんです。日本の美しい自然の恩恵を受けて、それを商品に落とし込んで、世界に発信しているわけですから。サントリーが見つけたそうした日本の魅力を、これからは逆に、シャインの皆さんと一緒に探していきたいと思います。僕もまだまだ知らないことがたくさんあるし、もしかしたら、皆さんがまだ知らない、僕が知っているサントリーのおもしろさがあるかもしれない。それらをまとめて共有して、皆さんと一緒に楽しんでいきたいと思っています。これからシャイン同士として、どうぞよろしくお願いします!」

そんな中西さんが出演予定のマル・デ・シャインイベントはこちら!

オンラインイベント概要
「オンライン試合観戦!バレーボール部「サンバーズ」の秘密を知ってみなはれ!
■開催日程 11/28(日)12:30~試合終了まで(15:30予定)
■視聴方法 YouTube配信(上記リンクをクリック)
■参加費  無料
■イベント概要
・サントリースポーツ事業について
・サントリーサンバーズオンライン試合観戦
■出演
・【講師】サントリーホールディングス(株)スポーツ事業推進部長 富岡正樹
・【解説】サントリーホールディングス(株)スポーツ事業推進部サンバーズアンバサダー 荻野正二
・【スペシャルゲスト】中西哲生

画像4

中西哲生
1969年9月8日、愛知県名古屋市生まれ。同志社大学経済学部卒業。現役時代は名古屋グランパス、川崎フロンターレでプレー。
名古屋では1996年天皇杯優勝、川崎では1999年キャプテンとしてJ2優勝、J1昇格に貢献し、2000年に引退。
現在は(公財)日本サッカー協会参与、川崎フロンターレクラブ特命大使、出雲観光大使などを務めるほか、TBS『サンデーモーニング』、テレビ朝日『Get Sports』でコメンテーターを、TOKYO FMで毎週金曜日15:00〜16:59『TOKYO TEPPAN FRIDAY』のメインパーソナリティを務める。
また永里優季選手(レーシング・ルイビル)、久保建英選手(マジョルカ)、中井卓大選手(レアル・マドリード下部組織)、斉藤光毅選手(ロンメルSK)など、パーソナルコーチとして現役プロサッカー選手を指導している。

ごニュウシャはこちらから。あなたも一緒にレッツ・シャイン!

やった!スキもらえた!めっちゃうれしいです!
サントリー マル・デ・シャイン公式アカウント。サントリーの様々な企業活動を”まるで社員”のような気持ちで学んで体験するプログラム「マル・デ・シャイン」。私たちと一緒に「これからのサントリー」を考えてくれる仲間を待ってます! レッツ・シャイン!